映画

心に残る映画のイラストを描いてみた。黒澤明「生きる」人生という道を照らす街灯のごとく

この男は生きているようで生きてない。

黒澤明「生きる」

 昔,「生きる」という映画を観たことがある。

 巨匠 黒澤明監督の作品である。 初めて観たのが中学生のときであったから, もう45年も昔のことだ。

 映画というものの魅力に囚われだしたころに観た作品で,声こそ出さなかったものの大泣きしてしまった。

 その頃は感受性が強かったのだろう。上映中に2度も泣いてしまった。

 隣の悪友も泣いていた。

 泣き腫らした目と, かみまくって赤くなった鼻で名画座から出たとき, 外はまだ明るかった。

 丁度その時, 同じ出口からカノジョを連れた同級生とばったり会い,とても気恥ずかしかったことを憶えている。

 何故かかれらの顔はきれいなままであった・・・・・。

 ストーリーそのものはとても地味で, 定年を迎える役所の市民課課長の話であり,

なぜこんな地味な映画をこの間まで子供であった中学生が観に行ったのか本当に奇妙ではあるが,正直よく憶えていない。

 不思議である。

 ただ,その当時,黒澤明といえば映画界のみではなく,だれでも知っているスーパースターであった。

「羅生門」に始まり, 「七人の侍」「隠し砦の三悪人」, 「天国と地獄」。

 スティーブンスピルバーグ,ジョージルーカス,クリントイーストウッド等世界的映画監督 も尊敬しており, 海外でもメジャーな存在であった。

 たぶんそのせいで観に行ったのであろう。

こんなストーリーであったと思う

 ここからは,かすかな記憶をもとに書いているので, かなりいい加減であることをご承知願う。

 地味な映画ながら, 展開はかなり面白く感じた。当然カラーではない。白黒映像である。

 冒頭,古臭い役所の中で各自が仕事をしているシーンから始まる。

 役所の窓口から少しずつ奥へカメラが入っていき,一番奥の窓際にいる主人公でカメラが止まる。

「この男は生きているようで生きてない。」

というようなナレーションから入っていく。

 古今東西, 良作はナレーションを抑え, 映像をもって視聴者の理解と想像力を掻き立てるものだが,この作品は違う。 ナレーションが多い。

 面白さも色々ある。短編の小説を読むような感覚に私はとらわれた。

渡辺 勘治という男

 戦後,妻を亡くし, 一人息子を男手一人で育てた主人公。そのため,遊びごともしたことがない。

 若いころは仕事にも燃え, 膨大な企画書も作成するが,却下されて机の奥にしまわれたまま。

 何十年も経った今, その意欲もなくなり,努力の結晶である企画書を破き, 印鑑の掃除に使っている始末である。

  今は家も持ち,苦労して育てた息子も一人前となり,妻を迎えて3人で暮らしている。

 主人公はわがままを言うこともなく,新婚の邪魔にならないよう気を使って日々生活している。

 ある日,腹痛のため病院で診断を受けると突然,がん末期であることを知らされる。 そのことを息子に話そうとする主人公。

 階下の居間に降りる階段で, 幼いころの息子との思い出が走馬灯のように脳裏を駆け巡る。

 がんであることを知らせなくてはならないので,階下の新婚スペースに降りていく主人公。

 新婚によくある話であるが,いつの時代も若い夫婦は親を煙たがる。

そのとき,夫婦の会話を偶然聞いてしまう。

車も欲しいし,旅行にも行きたい。お義父さんの退職金はいくらもらえるの?

打ち明ける気力もなくなり, 2階にがっくりゆっくり戻っていく。

 役所では今や管理職であり, 指示は時折出すが忙しいわけではない。

  新しい企画については, その困難さからいつも保守的な判断をしてしまう。 

 ナレーションで 「生きていない」と紹介される由縁である。 ついたあだ名は「ミイラ」。

 偶然知りあった売れない小説家に水先案内してもらい, キャバレーや遊行施設で遊びま わるが,後がないことを自覚しているので, 心底楽しめない。

 職場ではっちゃきな若い女性職員がいる。思ったことは何でもズバズバ言う。

 いつも常識はずれなことをするので,注意をするが,全然めげているようには見えない。

 毎日何がそんなに楽しいのだろうと興味を持ち, つきまとう。

 当初,ご飯を御馳走してくれたり,スポンサーとなってくれるので喜んでいた女性職員もだんだん気持ちが悪くなりだす。

 彼女は突然役所に来なくなった。

様子を見に行く主人公。

 喫茶店で(なぜか記憶では飯屋でうどんだったような気がするが),後がないので生きがいを知りたいと話そうとする主人公に,彼女はカバンからあるものを持ち出す。

 ウサギのゼンマイ人形だ。

 役所仕事は面白くない。生きがいを感じない。町の工場でこれを作っていることを知った。

給料は安くなるが,この工場で働く方が楽しい。と。

何をすべきか?

 茫然自失の主人公。先はみじかい。なにをやっても楽しくない。どうしたらいいんだ?

 そんなときに,下町のおかみさん連中が大勢で陳情にかけつける。

「橋の下の広場の水はけが悪く,いつも悪臭を放っている。

近くに公園もないので,子供たちはここで遊ぶしかない。」

「なんとかして欲しい。」

 部下職員が対応しながらも

「市民課だけでは,決めれないのです。公園課も地域課も関係しますので, お帰り下さい。」

と押し返している。

 彼がこれまでに言ってきたことだ。

はっとする主人公。

「君 ・・・・・, ちょっと・・・・・, いや,その・・・・・」

 ここから,物語が盛り上がってくるのかなと思っていると, 次のシーンが

突然,自宅のお通夜で始まる。

 主人公は死んだのである。 

1 2