つぶやき

貝塚に来た猫のココ 海辺のマンションエッセイ

窓から外を覗くねこのココ

獣医にて

「うーん,あまり良くないですね。

 まだなんとか持ち直すときには体温が高熱なことが多いのですが,この子の体温はとても低いです。採血して調べてみましょう。」

 普段の食生活や生活の状況,去勢の有無と急に様態の悪くなったことを聞きながら,

彼女の体をさすったり体温を測ったりしてから医師は言った。

 別室の検査室に助手と一緒にココを連れていき,一人私だけが部屋に残った。

待つ間にも

何か悪いものでも食べたのか?

治る見込みは?

家内が泣くだろうな。

急に悪くなったのだから良くなることもあるのでは?

これまで具合の悪いことは一度もなかったのだから。

 脈絡もなく頭の中でさまざまな思いが沸いては消えた。

息苦しい。

 どのくらいの時間がたったのか?

医師がココを抱いて戻ってきた。

「腎臓の数値が通常の十数倍にもなっています。

 炎症値も異様に高い。

 人間であったのなら人工透析器で血液を入れ替えたりするのですが,

この子は体重も軽く事実上そういうこともできません。

とりあえず今から抗生物質とブドウ糖の点滴をして様子を診ましょう。」

 今まではキャットフード以外は用心して食べなかったのが,ここ3月くらい牛乳をしきりに欲しがるようになっていた。

ツナ缶は1年前から。

台所にいるとしきりにねだるので,家人もこれを与えていた。

 そのことを獣医に説明し,そのことが悪化した原因なのか尋ねた。

「急に具合が悪くなったのではなく,生まれてこれまでの間に体内で蓄積されてきたものが限界を超えたのでしょう。」

ということだった。

抗生物質を注射し,点滴をすると幾分楽になったような様子。

注射針は痛いだろうにピクリとも動かなかった。

 翌日また連れてくるように言われ,その日は帰った。

 家に戻り,家内と息子に状況を詳しく説明した。

ココを寝床に移すとこころもちぐったり感が減り,静かに眠っている。

このまま持ち直してくれればいいが。

かいづか 海の傍の新居

貝塚に来た猫

 この本拠であるマンションに越して1年と2か月になる。

長年勤めていた仕事を退職したので,家族のいる本拠地のマンションに戻った。

 彼女にとっては初めての地。

 以前の1DKとは違って3LDKマンションで100㎡と広い。

加えて人間が3人となる。

そして老犬が1匹。

 連れて来られたときには,ココはテレビラックの裏に隠れて出てこなかった。

 それが三日もしないうちにすっかり家族にもなつき,わがもの顔にすごしている。

 そしてあろうことか

2週間後に私が引っ越してきてしばらくは,私がいるとラックの裏から出てこない・・・・・。

家中の笑いを買うこととなった。

 6年も一緒に住んでいたのに。薄情なやつだ。

 家内やむすこがいると出てくる。

 猫はもともと犬と違い独立心が強いものだ。

それであるなら他のものに対してもその気概を見せろよ。

エサで買収されやがって・・・

・・・すこし寂しい。

老犬ソラとの確執?

そんな彼女も老犬のソラには面食らったようだ。

 18歳になる白い老犬。

 スピッツの雑種で,若い時には矢のように走った。

芝生の上を猛ダッシュで走り,ターンを繰り返す。

あざやかな緑一色の草のキャンバスに,真っ白の線が縦横に引かれる。

 その姿は本当に美しかった。

 そんなソラも今や老いて足は萎え,引きずりながら歩くのが精いっぱい。

目もほとんど見えない。

 今は排泄もままならなくなったので,廊下が居住スペースになっている。

 ただ往年のくせなのか生存への本能か。

起きている限りよちよちと歩き続ける。

 

 ココにとっての異生物との出会い。

彼女はソラが怖いようだ。

 ココは広いリビングが居住スペースなのに,家中を徘徊しようとする。

各部屋との間の廊下に犬のソラがいる。

 ソラはもともと気の良い犬だ。

においで猫がいるのは分かっているだろうが,気にもしない。

 あいかわらずヨチヨチ廊下を歩いている。

「シャー!」

毛を逆立て威嚇するココ。

 怖いのならリビングにいればよいのに💦

好物が増えた

新居に来て好物が増えた。

以前与えたことはある。

 どちらも毒見する程度しか食べなかった。

ツナ缶

 家内が息子の弁当に毎日おにぎりを作る。

 以前は弁当だったが息子の要望でおにぎりになった。

 昼休みにスマホを観るため,手で食べられるものが良いそうだ。

6つのうちの3つに昆布。残りの3つにツナを入れる。

パッカン

缶詰を開ける音がするや飛んでくる。

 最近では時間もわかってきて,そのころには台所の入り口で待機している。

牛乳

 台所でコーヒーや料理を作っているとゆっくりとした足取りでやって来る。

 まるで用もなく,散歩を楽しんでいるように。

 そして意味深に足にからだをすりつけて,豊かなしっぽでパタッパタッと叩きながら通り過ぎる。

これを何度も何度も飽きもせず繰り返す。

 お茶を飲もうと冷蔵庫から出すと

「なーぁぁぁぁ

(ちがうでしょ)」と抗議する。

 だれが覚えさせたのか大好物になった。

 これまでは食事のキャットフード以外でねだるようなことはなかったのに。

ぴちゃぴちゃと幸せそうになめている。

 今のほうが幸せそうだ。

のびのびとしている。

広くなったから?

家族が増えたから?

よくよく考えてみた。

 ひとりぼっちになることが

もうなくなったからかも知れない。

窓から外をながめる猫

翌日の再診

ココは静かに眠っている。

 自分では無理だが,水も少し飲むようになった。

 なんとなくこのまま良くなるような気がする。

 家族にもすこし笑顔がもどった。

 前日と同じ時刻にまた箱に寝かせて,今度は家内とふたりで獣医に行った。

 治療台に横たわらせると,立ち上がろうとする。

「うん。昨日よりも良くなっていますね。ちゃんと力も入っている。

今日も注射と栄養剤を入れますので,様子を診ましょう。」

 水分の吸収をよくするため,飲料水はSR1にしたほうがよいかを聞いたところ,塩分がきついのでポカリスエットが良いとのことだった。

 帰りに最寄りのコンビニで買い,連れ帰った。

 このまま良くなってくれればいいが・・・。