映画

映画のイラストを描いてみた(クリスマスイブ)グリーンブック5 聖夜

白人でも黒人でもない。男でもない。私は何なんだ?

「先に書くんだよ。

寂しいときは,自分から先に手を打たなきゃ。」

愛するドロレス

愛するドロレス

 木々の葉は落ちて

灰色と茶色に変わった。

 白い雪が木の枝に積もり

おとぎ話の世界のようだ。

 待ち遠しい

キミをこの腕に抱きしめるときが。

 愛している

    トニー

ブロンクスのトニーの家では,親戚,友人が集まり

ホームパーティの最中だ。

 男たちはポーカーを楽しみ,

女たちはドロレスが読み聞かせる手紙を,うっとりと聞いている。

女房たちに手紙を読み聞かせるドロレス

「ジョーン,私も手紙が欲しい!」

「ああ,料理を作ったらな。」

「あいつにそんな文才あったっけ?」

ドクのツアーは大成功でどこに行っても,盛況だ。

ツアーの終わりも近い。

豪雨の夜

豪雨の中でパトカーに停められ,

あまりの暴言にトニーが手を出してしまい,ブタ小屋に放り込まれるふたり。

 何もしていないドクまでほり込まれる。

 結局,ドクが機知である司法長官のロバートケネディに連絡し釈放となった。

 釈放されて,ふたりは口論となってしまう。

 ロバート・ケネディは当時アメリカで大きな問題となりつつあった

人種問題(公民運動)にも積極的に関与していた。

 ドクも2度ホワイトハウスに招待されており,

ある意味で同志であったのだろう。

「黒人の私はいつも耐えている。一日くらい我慢しろ。」

「黒人差別と闘っている彼に私用で助けを求めてしまった。

恥ずかしい・・・。」

トニーは面白くない。

「へッ。おれのほうが黒人(庶民)をよく知っている。

俺たちは毎日家族を食わすために懸命に働いているんや。

あんたはお城に住み,貧乏人のことなんて何もわかってない!」

「・・・停めろ。」

「いやだね。」

「停めろと言ってるんだ!!」

 あまりのドクの凄まじさに車を停めるトニー。

 何も言わずに凍える土砂降りのなか,

車から降りて歩き続けるドク。

 驚いたトニーは懸命に戻るよう説得するが,

その手を払いのけ叫んだ。

「そのとおりだよ!

私は独りで城住まいだ。

金持ちは教養人と思われたくて私の演奏を聴く。

そのとき以外はただのニガー。

それが今の世の中だ!

軽蔑を私は独りで耐える。はぐれ黒人だから。

黒人でもなく,白人でもなく,男でもない私はいったい何なんだ?!

ドクの心の奥にある本当の苦悩が爆発する。

言葉もなく立ちつくすふたり・・・・・。

白人でも黒人でもない。男でもない。私は何なんだ?

黒人モーテルにふたり

 疲れ果て黒人用モーテルに相部屋のふたり。

 トニーはあいかわらず手紙を書いている。

「見せろ。手直しをする。」

「いや,もうええわ。書くコツを覚えたんや。」

とりあげて,文面を読み上げるドク。

「君は家に似ている。

そこは明かりが灯っていて,幸せな家族が暮らしている・・・・・。」

文面を何度も読み直し,ドクは心底しみじみと,

「・・・・・本当だな。いい手紙だ。」

「帰ったらあんたも兄貴に手紙を書いたら?」

「兄は私の住所を知っている。」

「ドク・・・先に書くんや。

寂しいときは,自分から先に手を打たんと。」

ベッドの上で黙って聞いているドク。

1 2