映画

映画のイラストを描いてみた(後で思い出す)グリーンブック4 人生最大のピンチ

手紙を書くトニー 

「俺はニューヨークのクラブで働いていたから知っている。

世の中は複雑や。」

ある日の二人の会話

 フィッシュチップスの店前の野外テーブルで食事をする二人。

 トニーは食べながらも一生懸命に書いている。

「それは何だ?」

「手紙や。」

「切り貼りの脅迫状と思った。見せてみろ。」

「親愛なるのスペルが間違っている。」

・・・

尋ねる先で町のお偉方に会ってる。

難しい言葉を使う連中だ。

おれは得意のデタラメでかわしている。

チップスを食いながら書いているんで,のどが渇いてきた。

くつしたを洗ってテレビで乾かした。

やっぱりアイロンを持ってきたら良かった。

「・・・・・💦

いったい何が言いたい?」

「さあ・・彼女が無茶くちゃ恋しいんかな?」

「なら,そう書け。

汚い言葉を使わずに誰にも書けない手紙をね。

例えば・・・・・。」

愛するドロレスへの手紙

愛するドレス。元気かい?おれは元気にやってる。

愛するドロレス

キミを思うとアイオアの美しい草原が目に浮かぶ。

おれたちを割く距離が気を滅入らせる。

キミのいない時間と経験は意味がない。

キミとの恋は前世からの運命や。

誰よりも大切なキミ。

命の尽きるまでおれと共にある。

PS

子供たちにキスを。

     トニー

感激するドロレス

人生最大のピンチ

 

 小さなことが重なって大きな判断ミスをしてしまうことが往々にしてある。

 後になってわかることだが,そのときにはわからない。

 火が燃え尽き,何年も経ってから,ふと気づく。

1 2